楽しい番外地

アメーバに本体がある「腐ってやがるプログ」から一部コンテンツを晒す為に作られたブログです。 隔離と言っちまえば隔離かな・・・。ランド丸チーズ第二支部です。 尚コメントなどの返信は相当遅いでしょう。管理が適当だから(ヲイ)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

珍さんがいく 「模型遊戯」

金八「あの窓際のアレなんですか?」

珍さん「ガ◎プラだよ」

神留羅「そんなもん作ってないで仕事するある」

珍さん「いや、仕事がないから作ってたんだけどね…」

金八「いや、組めば色がついているのに、色を塗るなんて…」

珍さん「えっ、普通プラモって色塗るだろ!」

神留羅「色塗るのは暇人ある、更にジオラマを作る奴は模型を極めた変人ある」

珍さん「うるせえ!俺の頃のガ◎プラ…いや、プラモ一般は色は塗るものだったんだよ!」

金八「今ではミリタリーでも完成品、鉄道模型でも塗装済みが普通ですよ」

珍さん「その塗装落として、色替えするの結構大変なんだぞ!」

神留羅「色替えなんかしなくていいある」

金八「ただ、美少女フィギュアの目を塗装できる人は尊敬できますね」

珍さん「あれは大変だからな、なれるとパッパと描けるけどな、左右目の大きさを揃えて描くから、そうそう眼鏡を変えたら今まで描けた目が描けなくなった奴がいたよ」

神留羅「金八も眼鏡を変えたら、バージョンアップするかもしれないある」

珍さん「やめとけ、ぱちさんの眼鏡は魂だから別人になる」

神留羅「金八マークⅡが優れていれば、前の金八はいらないあるよ」

金八「一寸待て!俺の話になってるのは何故!」

珍さん「オタクのくせに美少女フィギュアの目も描けないんだから、眼鏡変えて生まれかわった方が良いんじゃないかって話だよ」

金八「いや、全然関係ないから、大体模型なんて塗装できなくても生きて行けるし!」

神留羅「オタク文化を支えるものの9割はなくても生きて行けるものばかりある」

珍さん「しかし、これプラモデルだから組みあがるけど、昔の模型知ってるか?、飛行機なんだけど、中身は図面とプロペラや脚部などと木の塊」

金八「えっ…木の塊が胴体ですか?」

珍さん「きいた話だけどな、つまり木を自分で削って機体をつくるんだよ、ソリッドモデルっていうんだけどな」

神留羅「そんな模型6割の人は完成できないある」

珍さん「そうかもな、だけどそんなだから完成したらその喜びは凄かっただろうなと思うんだよ」

金八「でもガン◎ム買って、模型が木を削る仕様だったら激怒するでしょ」

珍さん「うん、めんどくさいもん。今のガン◎ラだから暇な時に作って組めるんだよ」

神留羅「開き直ったある」

珍さん「あっ、そーだこんなのあった」

金八「前に唐津さんが持ってきた、自作のヘリザベスのガレージキットだ」

神留羅「ヘリザベスならオ◎Qみたいだから簡単に作れるある」

珍さん「組む気もないから放置してあるが、少し昔は美少女フィギュアもこんなもんだったぞ」

金八「今、こういう仕様で売ってたら、不良品扱いですよ」

珍さん「そのガレージキットも今では、企業ベースで作ると普通のプラモ並みに組みやすいしな」

金八「ただ、値が張るのはどうにかなりませんかね」

珍さん「しょうがないだろ、少数生産が前提なんだから、その代わり金型成型の大量生産品より原型に忠実で形がいいんだぞ」

神留羅「美少女フィギュアなんか、出来が良くても悪くても関係ないある」

金八「いや、重要でしょ」

神留羅「大体、模型の世代格差ばかり語って話の筋が見えないある」

金八「なんか、昔の人はもの凄く模型を作り込んでいたという自慢にしか見えませんよ」

珍さん「だって、事実なんだからしょうがないだろー、もう一色スプレー吹こうかなと・・・」

神留羅「一寸待つある、ちょっと前にソリッドモデルなんか組めないとか抜かしてたし、大体珍さんがフィギュアの目なんか塗れる訳ないある」

珍さん「…え…、何を根拠にそんな事をいうんだい…」

金八「大体、エアブラシでもなく、缶スプレーで塗装なんてビギナーの最たるものじゃないですか、筆塗りで仕上げてみてくださいよ」

珍さん「そんな事はないよ…、むしろ缶スプレーで奇麗に仕上げるのは上級者だからね・・・」

神留羅「大体、完成品や組むだけで色がつくガン◎ラの需要は年配出戻りモデラーの需要ある」

珍さん「しょうがねえだろ!、社会人が模型を作り込む時間なんてないんだから」

神留羅「珍さんぐらい暇なら、RGザ◎から旧◎ク作ったって良いぐらいある、他の社会人に土下座して詫びるある」

金八「そういえば、鉄道模型雑誌で字を大きくしましたってありましたよ、どう考えても年配読者の為でしょう」

珍さん「いやあ…今時の若者におもねって、分かりやすくする為の字の拡大だと思うけどなあ…」

神留羅「結局、珍さんは組めば誰でも仕上がるガ◎プラに色を一寸塗って仕上げるお手軽モデラーに過ぎなかったあるよ」

珍さん「悪かったな!俺がどう組もうがどうでもいいだろ…!って終わりかよ!」
スポンサーサイト
  1. 2012/09/06(木) 17:58:48|
  2. マメ知識
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<珍さんがいく 「お先まっぐろ」 | ホーム | 強力再新連載 珍さんがいく 「パクリとオマージュ?」Ver2 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://inyuneko666.blog.fc2.com/tb.php/2-cb5892f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。