楽しい番外地

アメーバに本体がある「腐ってやがるプログ」から一部コンテンツを晒す為に作られたブログです。 隔離と言っちまえば隔離かな・・・。ランド丸チーズ第二支部です。 尚コメントなどの返信は相当遅いでしょう。管理が適当だから(ヲイ)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

珍さんがいく 「お先まっぐろ」

金八「ところで本マグロって、いつまで食べられるんでしょうねえ」

珍さん「…待て、お前いつ食べたんだ?」

神留羅「私たちはずっと食べてないあるよ」

金八「(地雷踏んだ…)ところで、ああいう欧米の鯨だのマグロだのの規制って、牛肉を売る為だとか聞いたんですが」

珍さん「常識で考えて、俺達が食う機会のない鯨やマグロの流通が無くなって、俺達が食う機会のない牛肉の流通が増えると思うか?」

金八「思いません」

神留羅「本マグロも鯨も牛も私たちの前に姿を現さないある、あれは都市伝説ある」

珍さん「そうだよなあ、俺も豚しか見てないしな」

神留羅「あたしは豚も見てないある」

金八「見てなければ、何でも都市伝説なら二次元より可愛い女子も都市伝説ですか!」

珍さん「ぷっ…」

神留羅「くっくっくっ…」

金八「そこの二人笑うなあああ!」

珍さん「そういえば、実は欧米が牛肉を売る為に捕鯨を禁止したという話なあ、それを証明する書類もなにも未だに見つかってないんだよ」

神留羅「そうあるか?」

金八「意外ですねえ、でも機密書類だから見つけられないだけなんじゃ…」

珍さん「情報公開の申請をすれば基本的に出てくるだろうし、大体事実なら具体的な情報ぐらいでてきてもおかしくないだろ」

神留羅「ウィキリークスからも出ないあるな」

珍さん「そもそも、鯨だけなら昔は凄く流通していたから、ほんの少しは牛肉に牌が移っただろうが、マグロを禁じて牛を刺身の代わりに食うか?」

神留羅「牛ならステーキがいいある」

金八「逆に本マグロをステーキにするのは贅沢というより、勿体無いですよ」

珍さん「反捕鯨で知られるオーストラリアが、マグロの保護の反対を日本と共に行ったのもミソだな」

金八「えっ、そうなんですか」

珍さん「オーストラリアも牛肉が売れた方が…とか言う話が出てるが、実際問題としてオーストラリアもマグロの蓄養で日本に売って儲かっているからな」

神留羅「蓄養ってなにあるか?」

珍さん「マグロの幼魚を捕えて、養殖場で成長させて売るのを、蓄養というんだそうだ」

神留羅「ロ◎コンの男が幼女を囲って…」

金八「それ違う!つか滅茶苦茶やばいネタだから!」

珍さん「そんな蓄養も世界の何処かにあるかもな」

金八「ありません!」

神留羅「夢のない話ある」

金八「ねえ、それ誰の悪夢?。話は変わりますが、アメリカではスポーツフィッシングの団体が自分たちだけでマグロ釣りを楽しむ為にマグロの保護規制を推進したって話も聞きましたよ」

珍さん「そうか?、俺はだいぶ前に楽しむ為に保護規制をさせない様に働き掛けていたって聞いたけどな」

神留羅「させない様に働きかけたから、今保護という話になったのかもしれないあるな」

珍さん「大体、スポーツフィッシングが受けたのも日本の企業が本マグロを高値で買うからなのに、保護規制したら流通できなくなるんだよ。一匹釣れば車買えるんだよ」

金八「それもまた景気のいい話ですね」

神留羅「珍さんも釣りにいくある」

金八「珍さんに連れるのはハゼぐらいです」

珍さん「悪かったな!」

神留羅「ハゼでもいいから釣ってきて天ぷらでも食わせろある」

珍さん「何で俺が釣ってくるんだよ!。まあいいや、要するに牛肉を売る為の反捕鯨という話は破綻してるよねって…言いたいんだけどね」

神留羅「確かに幼女も成長してしまうから…」

金八「それ別の意味で破綻してるから!」

珍さん「ところで児童ポルノ規制も何か欧米がエロいものを日本に売る為の強要かもしれないな」

神留羅「なるほど」

金八「そんなわけあるか!」
スポンサーサイト
  1. 2012/09/21(金) 18:15:18|
  2. マメ知識
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<珍さんがいく 「金はどこかへまわってる?」 | ホーム | 珍さんがいく 「模型遊戯」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://inyuneko666.blog.fc2.com/tb.php/3-1ce3253f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。